Home > 2010年12月

2010年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

BENQ「XL2410T」を購入しました。

benq.jpg

BENQ「XL2410T」を購入しました、ほぼ勢いで買ってしまいました。
XL2410Tは120hz液晶でFPSゲーマーがプロデュースしたいわばゲーミングモニターで今非常に人気があります。
epiさんやkatudonさんがこの「XL2410T」を所有しており購入された方には良いとの評判です。
注文した日は12月7日場所は「ツクモネットショップ」で届いたのは12月19日でした。
最初は1月上旬配送予定と書いてありましたが、注文してすぐ届いて満足です
価格は4万円で、23.6インチ、HDMIも対応、3Dにも対応している。
このXL2410Tは初期ロットでは「異音がする」「画面の下部分に線が入っている」など騒がれていましたが
そういった症状はありませんでした、まだ利用して間もないので油断はできませんがそういったのは皆無です。

benq2.jpg
初期のファームウェアではないみたいなので安心
初期は↑と違った番号みたいです。

遅延:不明
ドット抜け:なし(ドットチェッカーを使って)
ファームウェアの出し方はメニューボタンを押しながら電源をon後に起動すると出てきます。

■試したゲーム■
Fallout3 NV,BFBC2,CallofDutyBlackOps,Postal2.Killing Floor,Left4Dead 2,TeamFortress2
上記のゲームもやってみました、非常に滑らかでした・・・!

■使ってみた感想■
率直に書きます買ってよかっです。
FPSのみならずPCゲーマーなら買っておけという製品です。
私は今までこの製品を使用してきました、普通の液晶モニターです。
120hzにした結果ゲームがまったく違います、ゲーム中以外でもその製品の良さがわかります、マウスの動きです。
マウスの動きが非常になめらかです、現在私は左に今までのモニター右にBenqの製品を置いてますが一目瞭然
動きが違います。60hzと120hzここまで差があるとは思いもしませんでした。
120hzの液晶を購入しただけでゲームが更に楽しくなると感じています。
むしろ怖い部分はこの120hzに慣れてしまうことで他のモニタを使えなくなってしまうのが怖いですね。
120hzの液晶は本当に素晴らしいです、買ってよかったです。

I-O DATA WUXGA(1920×1200) 24.1型ワイド液晶TFT LCD-MF241XWR
http://postal2himajinblog.blog50.fc2.com/blog-entry-147.html

■BENQ「XL2410T」スペック■
•画面サイズ: 23.6インチ
•応答速度: 2ミリ秒(Gray To Gray)
•コントラスト比: 1,000万:1
•解像度: HD1080p (1920×1080)
•リフレッシュレート: 120hz(640x480、800x600、1024x768、1920x1080[DVI only])

※随時、写真記事追加予定

参考サイト
BENQ:http://www.benq.co.jp/products/LCD/?product=1727
negitaku:http://www.negitaku.org/news/13519/
ツクモ:http://shop.tsukumo.co.jp/
IODATA:http://www.iodata.jp/prod/display/lcd/2007/lcd-mf241x/index.htm

脊髄係留症候群

11/29
腰に激痛が走る、腰を曲げたり動かしたりすると右の腰の部分に激痛が走る。
ただの腰痛と思い激痛を我慢して就寝。

11/30
寝ても激痛が治らず昨日に比べてますます激痛が増える、歩くのも非常に困難でくしゃみをするだけでも腰に激痛が走る。
次の仕事に支障が来るのはまずいという事で近所のS病院に行く。
診察、レントゲン検査、MRI検査を行った結果「脊髄係留症候群」と診断される。
最初は半信半疑だったが入院してる患者さんで私とまったく同じ人がいるそうです・・・・診察終了後痛みを止める薬を3種類出される。
薬、注射で治療をすると言われたが治らない場合は手術しないと治らないそうだ。
治るというかその部分を切除して痛みを感じなくするしかないそうです、腰に注射をされ、激しい運動は控えるように言われる。
ご飯を食べた後、薬、座薬を投入、薬、座薬のおかげか痛みが緩和され激痛が減る。
しかし完全に痛みがなくなるわけではないので不安、ピキピキ痛みが少し残る程度でだいぶ楽になった。
hrsmさんの弟さんもこの「脊髄係留症候群」で手術をしたそうで色々と聞いてみたいと思います。
これからの事を考えると非常に不安です、しばらく運動はできないしスポーツジムは退会しました。
仕事に関しては社長に相談しないとわからないけど下手したら会社をやめないといけないかもしれない。
不安で不安でしょうがない。早期に発見?できてよかったと思うしなんとかなると思います、というかそう思うようにします。
あとこれから「脊髄係留症候群」について色々書いて行こうと思います。

12/1
朝起きると激痛が走る、薬が切れてるせいか起きるのが困難。相方に頼んで起きる事になる、情けない話だ。
朝食事の後に薬を飲んで出社しかし業務中に痛みがひどくなるという事で座薬を投入。
座薬のおかげで痛みが減るが完全にはなくならない、社長や家族に自分の病名を告げ相談して気分が晴れる。
座薬と痛み止めのおかげか少しの痛みで済み仕事にはあまり影響はない。
しかし重い物を運んだりすると腰が非常に痛く困難。
薬が切れ始める?頃になると身体が痛くなる。どうやらお薬がないと生活できない感じですね。
実家で相談したら親父のかかりつけの病院を勧められたのでそっちの病院にも行ってみようと思う。
同じ病名を告げられたら確定。金曜日にもう一度S病院に行ってコルセットを買う予定です。

12/3
昼前に病院に行く、本日はコルセットを注文しに行く。
2L?サイズでは巻けない為3Lを注文する。やはり太っていると色々と不便ですね。
来週の10日には届くみたいです。いつもの注射と次の日までのお薬をもらう。
あとリハビリセンターという所で電気マッサージとマッサージ、ウオーターベットによるマッサージ?を受ける。
11/30,12/1に比べるとだいぶ痛みが減ってきたと思う。12/1にいたっては痛すぎて何もできないくらい辛いし苦しかった。
ひどい時は呼吸をするだけで背中に激痛が走る状態で話すのも困難でした。
注射、お薬のおかげで痛みは減る、しかし100%痛みがないというわけではないので腰を曲げたり重い荷物を持つだけで腰に痛みが生じます。
椅子、車にクッションを置いてみた、あと家族から低反発マットレスを送られる。
椅子、車にクッションを座るところにおいて見た所結構いい感じです、マットレスはまだ寝てないのでわからない。
どうにか薬治療で治るのを祈るのみですね。

12/10
他の病院に行ってみました、同じ病名で診断されました・・・
どうやらこの病気で間違いはないようです、あとコルセットが届きました。
これで痛み止めとコルセットで痛みが緩和されると思います、25000円ほど業者に支払いました、保険適用で2万円は戻ってくるそうです。
ただすぐには戻ってこないので1ヶ月近くかかるそうです。
コルセットは非常に固くつければ痛みが減るけど初めてのせいかかなり違和感があります。
これを一生つけて生活なんてしたくない・・・・。
情けない話になってしまいますが、最近仕事終わって帰る時涙が出ますよくわかりませんが・・・音楽を聴いてても気分も上がらないしむなしくなる。好きな人と食事をしていても夜一緒にゲームをしていても楽しくない・・・
なんとか気分を上げて生活をしたいけど中々あがりませんね。
親父の知り合いのお医者さんいわくコルセットをつけて様子見でそれでも駄目なら別の治療方法を考えないといけないそうです。
一刻も早くこの痛みをなんとかなくしたいものです。

IMG_1153.jpg

Home > 2010年12月

Recent Comments
Twitter
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。